現在位置

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)とは、社会保障・税番号、いわゆる「マイナンバー」を、住民票を有する全ての方に1人1つの番号を付して、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されるものです。 

 

内閣官房・内閣府制作マイナンバー広報資料

 

 

平成27年10月から 町民のみなさま一人ひとりにマイナンバー(個人番号)が通知されます

•住民票を有する全ての方に1人1つの番号(12桁)が通知されます。 
•市区町村から,住民票の住所にマイナンバーの通知カードが送られます。
住民票の住所と異なるところにお住まいの方は,注意してください。

マイナンバーは一生使うものです。大切にしてください。

•番号が漏えいし,不正に使われる恐れがある場合を除き,マイナンバーは一生変更されません。

 


※平成28年1月から 社会保障・税・災害対策の行政手続でマイナンバーが必要になります。

マイナンバーは次のような場面で使います。

 

 内閣官房・内閣府制作マイナンバー広報資料

 

マイナンバーの情報

最新情報は,内閣官房ホームページ「社会保障・税番号制度」をご覧ください。

内閣官房ホームページ「社会保障・税番号制度」

 

お問い合わせコールセンター

国のコールセンターが開設されましたので、マイナンバーに関する不明な点はこちらへお問い合わせください。

  0570-20-0178 〈全国共通ナビダイヤル(有料)〉

9:30〜17:30(土日祝日・年末年始を除く)
※外国語対応(英語)は、0570-20-0291〈全国共通ナビダイヤル〉へおかけください。

 

■ お問合せ先

 筑前町役場総務課行政政策係
 電話番号:0946-42-3111