現在位置

国民健康保険の加入と届出

国民健康保険とは

 国民健康保険は、病気やケガをしたときに安心して医療が受けられるための制度です。加入者から納めていただく保険税や国などからの補助金により、市町村単位で事業の運営をしています。日本は、「国民皆保険制度」をとっており、すべての人が、職場の健康保険や国民健康保険など、いずれかの公的医療保保険に加入しなければならないことになっています。

 

国民健康保険に加入する人

職場の健康保険、後期高齢者医療制度に加入している人や生活保護を受けている人などを除く、すべての人が国民健康保険に加入しなければなりません。具体的には、次のような方です。

 

 ●お店などを経営している自営業の人

 ●農業や漁業を営んでいる人

 ●退職して職場の健康保険をやめた人

 ●パートやアルバイトなどをしていて、職場の健康保険に加入していない人

 ●3カ月を超えて日本に滞在するものと認められた外国籍の人

 

手続きや届出が必要なとき

国民健康保険に加入する時やめる時は、届出が必要です。下記のような場合には、必ず14日以内に届出をお願いします。

 

届出をする場合に必要なもの(すべての届出に必要)

●印鑑  ●対象者と世帯主のマイナンバーがわかるもの(マイナンバーカード、通知カード)

●届出に来る人の本人確認書類(免許証、健康保険証など)

※届出内容により必要なものが異なりますので、下記を参照してください。

 

 こんなとき

 届出に必要なもの

 国保に加入するとき  筑前町に転入してきたとき(職場の健康保険などの加入していない人)  前住所地で発行された転出証明書
 子どもが生まれたとき  世帯主の国民健康保険証
 職場の健康保険などをやめたとき  職場の健康保険の資格喪失証明書※証明書発行は、加入していた健康保険
 生活保護を受けなくなったとき  生活保護廃止決定通知書
 外国籍の人が加入するとき  外国人登録証明書
国保をやめるとき  他の市町村へ転出するとき  国民健康保険証
 職場の健康保険に加入したとき  職場の健康保険証、国民健康保険証
 職場の健康保険の被扶養者になったとき  職場の健康保険証、国民健康保険証
 死亡したとき  国民健康保険証
 生活保護を受けるようになったとき  生活保護開始決定通知書、国民健康保険証
 外国籍の人がやめるとき  外国人登録証明書、国民健康保険証
 その他の場合     町内で住所が変わったとき  国民健康保険証
 世帯主の変更、氏名の変更があったとき  国民健康保険証
 世帯の合併、分離を行なったとき  国民健康保険証
 修学のため、他の市町村へ住所を移すとき  国民健康保険証、在学証明書

 

注意事項

(1) 職場の健康保険に加入した場合など、職場から役場への連絡はありませんので、本人が役場窓口に届け出ていただく必要があります。自動的に国民健康保険の資格が喪失されることはありませんのでご注意ください。

(2)職場の健康保険が出来たにもかかわらず、国民健康保険を使い続けた場合、役場から医療費の請求が行われる場合があります。

   くわしくは 資格喪失後に国保を使うと・・・(内部リンク)をご覧ください。

(3) 国保加入の届出が遅れた場合、資格が遡っての取得となり、国保税の支払いも遡ることとなります。

 

 

 お問合せ先

筑前町役場 健康課 国保年金係(本庁1階)
電話番号 0946-42-6607