現在位置

神功皇后の伝説(じんぐうこうごうのでんせつ)

神功皇后の伝説

神功皇后は、妊娠中でありながら朝鮮半島に出陣して新羅を討ち、帰国後に応神天皇を産んだといいます。そのため、北部九州には神功皇后ゆかりの地が数多くあります。筑前町でも、砥上神社、砥上岳、栗田八幡宮、大己貴神社、目配山を始め数々の事跡が伝えられています。神功皇后は、神秘的な力を発揮する卑弥呼とイメージが重ねられています。